「性能について」

断熱気密

断熱・気密について

夏は涼しく、冬はエアコン一台で家中暖かい、そんな心地よい空間を作ります。

断熱性だけでなく気密性もあげることで、エアコンによって空調された室内の温度が外気温に左右されにくく、室内の上下温度差が少なくなり一年を通して快適な室内温度が保てます。また、外気温の影響を受けづらいということは、少ないエネルギーで室内の温度をかいてきに保つことが可能で、冷暖房費を節約でき、地球にも優しいです。 温度差が少ないということはヒートショックも防ぎます。 気密・断熱をきちんと施工することで、壁内の結露を防ぎ、カビを発生させず、構造躯体の腐食を防ぎ、家を長持ちさせることができます。

当社標準採用の断熱材は、水で発砲する吹付断熱材「アクアフォーム」です。
グラスウール10Kの約1.5倍の断熱性能をもつ断熱材を建物全体に隙間なく吹付けることにより、高気密高断熱の快適な空間が実現できます。

また窓ガラスは屋根や外壁よりも多く熱を伝えます。
居室窓には表面に金属膜がコーティングされているLow-Eガラス、そしてアルミ樹脂複合サッシを標準採用しております。
窓の遮熱・断熱性を上げることでも冷暖房効率を上げ、省エネになります。

ただ、気密・断熱だけが大切なのではありません。
しっかりと気密・断熱を施工し、そこに、採光、通風、蓄熱、換気等の自然を取り込む計画がされてはじめて、
快適な心地よい空間が出来上がります。