「構造について」

木造軸組工法

日本の風土に適した木造軸組工法

木造軸組工法は、日本の高温多湿な夏を過ごしやすいよう、長い年月をかけて生み出された工法です。

設計する際の自由度が高く、ライフスタイルに合わせた最適なプランを組むことが出来ます。
また、将来的にも増改築がしやすく、長くライフスタイルの変化に対応できる工法です。

木は鉄に比べ、重さあたりの引っ張り強度が3倍、曲げ強度が16倍もの強さがあります。
地震の振動エネルギーは建物の重さに比例して大きくなるので、鉄よりも軽く、強度で優れる木の柱と梁で骨格を作り上げた木造軸組工法は地震国日本に最も適した工法といえます。

金物工法

万全を期して金物工法を採用

誠陽建設では、在来工法の構造強度をさらに高めるために、接合部に構造用金物を使用しています。

木造軸組工法の弱点は、構造材の接合部の断面欠損(木を削った量)が大きくなることです。
この断面欠損が大きくなると、いくら柱や梁を大きくしても、いくら筋交いを入れたとしても、
この欠損部分の箇所が折れやすくなっていることから構造補強の最大の効力を発揮することが出来ません。
その弱点を補った工法が、金物工法になります。 金物工法の場合、取付用ボルト穴の加工だけで済む為、断面欠損を最小限に抑えることが可能です。

耐久検査

耐久検査が証明した確かな耐震性

金物工法による頑強な耐性は、甚大な被害をもたらした阪神淡路大震災を忠実に再現した三次元実代振動試験によって実証されています。
その結果、金物工法を使用した家は繰り返し行われた加震実験でも接合部にはまったくズレや損傷がなく、 しっかりと軸組を支えていることが実証されました。

弊社では、しっかりとした構造計算ときちんとした構造材で家をつくっています。
それらの耐震性をあますことなく発揮してくれる工法がこの金物工法だと考えます。
過去の震災から学んだことは、備えに余り無し、ということです。
できることはきちんとした上で、私たちはお客様の命を守る家をつくります。