収納について

収納のこと

心地よい毎日を過ごすために

これからどんな暮らしをしていきたいのか、 自分にとって大切なものはなにか。
家は人を表す、物は人を表す。

生活の中に時間や持ち物、価値観、思想が積み重なっている あらためて自分を見つめ直し、暮らしを見つめ直し、
持っている物ひとつひとつと向き合う。

大切なことはいつも片付けていられる分だけの物を持つこと。
そして自分らしい暮らしができる家をつくること。

整理された空間は美しい

無駄に動き回らずにすむ間取り

必要な場所に必要なものがしまえる収納場所をつくる。
たまには部屋の固定概念をなくしてみるのも (クローゼットは寝室になくてもいいのかも、だとか) 一日の終わりにすべての物を元の位置に戻し、リラックスする時間を作る。
心地よい毎日を過ごす為にするべきことをきちんとする。 一度に何でも完璧には出来ない。

家も、収納も 今はベストだと思っていても不都合や不満は出てくるもの。
あきらめずに、その都度一番いい方法を探っていくことで、自分らしく整ってゆくもの。

動線を整える

動線を整える

家に帰って、靴を脱ぎ、鍵を置き、荷物を置き、手を洗い、 部屋着に着替え、キッチンに立つ。
この一連の動きを出来るだけ最短距離で行えるよう設計します。

洗濯をしながら、朝ご飯を作り、子供の準備を手伝い、掃除機をかける 家事は沢山の事を一度に行うので、それぞれの行動が近くで済むと家事が楽になります。
お母さんだけでなく、家族全員の動きをイメージし、行動動線が重なり、まごつくことがないように、回廊する間取りや収納場所を随所に設けるようにします。

毎日のちょっとしたストレスが減り、ゆとりが生まれるように動線を整えます 。